子供が英語を使いこなし、外国人とも英会話で流暢にコミュニケーションができるようにしてあげたいと、親ならば誰しも思うことでしょう。

特に、自分が英語ができなくて悔しい思いをしたり、残念なトラブルなどに巻き込まれてしまった経験があれば、なおさらです。

そこで、子供にはそんな思いやトラブルに合わせたくないので、英語を勉強してもらおうと思っても、どうしたらわからない方は多くいらっしゃいます。

すぐに思いつくは、NOVAなどの通学して勉強する通学型英語教室ですね。

でも、実は、英語力をつけるためには、いろいろな方法があるのです。

英語の勉強方法には次のようなものがあります。

通学型英語教室

最もイメージできるのが近所にある通学型英語・英会話教室でしょう。
ペッピーキッズクラブやシェーン英会話教室などがあります。

メリット

  • 英語を勉強する子供の友達やママ友ができる。
  • ネイティブの先生と直接話すことができる。
  • 日本人バイリンガルの先生のレッスンも受けられる。
  • 定期的に勉強ができリズムが生まれる。
  • 体系的なカリキュラムがある。
  • カウンセラーに勉強の悩み相談ができる。

デメリット

  • 受講料が高い。
  • 近くに教室がないと通えない。
  • 勉強よりも通学することが目的となりがちになる。
  • 時間が規則的に縛られて自由に使えない。
  • 通学に時間がかかるし、途中で事故などの危険もある。
  • 幼児では通学の送迎が必要なことがある。

【シェーン英会話】

ペッピーキッズクラブ

駅前留学のNOVA

オンライン英会話

オンライン英会話は、インターネットを利用してパソコン、タブレット、スマホなどの画面で先生と英会話レッスンをする新しい英語の勉強方法です。

子供専用のオンライン英会話や大人向けのスクールの中に子ども用コースがあります。

メリット

  • 料金が安い
  • 早朝から深夜までレッスン時間が自由に予約できる。
  • 自宅、戸外とインターネット環境があればどこでもレッスンできる。
  • 子供の送迎が不要
  • 自宅ですれば、交通事故の心配もなくなる。
  • 基本的にマンツーマン授業になる。

デメリット

  • 英語の友達やママ友ができにくくなる。
  • インターネット環境とパソコンなどが必要。
  • 講師はフィリピン人が多く、ネイティブ講師は割高になる。
  • 講師のレベルにばらつきがある。

リップルキッズパーク

グローバルクラウン

スモールワールド

システム教材

システム教材という語は本当はありませんが、英語の教材でもCCD、DVD、絵本、本などをシステムとして総合的に利用する教材のことを言います。

代表的なものに、ディズニー英語システムやベネッセのこどもちゃれんじなどがあります。

「ディズニーの英語システム」

Amazonのディズニー英語システム

楽天のディズニー英語システム

通信教育・講座

昔からあるのが英語の通信教育・講座です。

郵便、ラジオ、テレビなどの通信手段を利用して行われる英語教育、講座です。

テキスト、教材などをあらかじめ受講者に送っておいて、ラジオやテレビ、インターネットなどを通じて添削指導、レッスンなどを行います。

有名なのは、ベネッセの各種講座です。

ベネッセ 進研ゼミ 小学講座資料請求プロモーション

スマホ等のアプリ

スマホやタブレットの普及に伴い、子ども向け英語のアプリの人気が高まっています。
子供は、意外にも相当早い時期からスマホをいじりはじめますので、英語のアプリを見せると興味を持ちます。
例えば次のようなものがあります。


Android用 Lola のABCパーティ ー
iPhone用 Lola のABC パーティ ー 読むことを学習する – BeiZ